確定申告の手順

確定申告の手順について

確定申告の対象となることを確認したら、実際に確定申告の手続きを進めていきましょう。

初めて申告される方は、少し難しく思えるかもしれませんが、手順どおり進めればそんなに難しくはありません。

事前準備からきちんと行っていけば誰でも簡単に確定申告書の作成が可能ですよ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

〜確定申告の流れ〜

@確定申告を理解する

A確定申告に必要な資料を揃え、精査する

B確定申告書を入手する

C申告書を作成する

D内容をチェックし、添付資料を添えて管轄の税務署へ申告書を提出する

E納付を行う(還付の場合はこの処理は省略)

以上がおおまかな流れになります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

それでは実際に、確定申告を行っていきましょう

〜@確定申告を理解する〜

まず、自分がどの申告をするのかによって、流れが変わってきます。

給与所得以外の所得の申告をする場合は、その所得に対しての納付申告を、 給与所得で、所得控除(医療費控除、雑損控除等)を受ける場合には還付申告をすることになります。

〜A必要資料の準備〜

自分の確定申告に必要な書類をまとめます。

具体例:源泉徴収票、医療費の明細書、生命保険等の証明書、事業にかかる領収書、家計簿等の明細書(メモ)

〜B確定申告書の入手〜

確定申告書は、もよりの税務署や税務署のホームページから入手することができます。

〜C申告書を作成する〜

入手した申告書に手順書を元に必要事項を記載していきます。

〜D内容をチェックし、提出〜

記載(入力)した金額等の情報に誤りがないか資料を元に再度チェックをします。

万が一提出後に誤りが見つかった場合でも、訂正が可能ですが面倒です。ここできちんと確認をするようにしましょう。

申告内容により添付書類が必要な場合があります。@で準備をした書類を漏れのないよう、添付して提出します。

〜E納付を行う〜

申告書を作成すると、今回収めるべき税額が計算できます。

その金額を納付しましょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以上で確定申告は完了です。

いかがですか?思ったより簡単に進められそうですね。

もし細かいことがわからなければ、税務署へ電話すると専用の窓口に繋がり色々と教えてくれます。

不安なことがあれば、どんどん問い合わせをして正しい申告を行うようにしましょう。