住宅ローン控除

住宅ローンの控除について

住宅ローン控除は正式名称は「住宅借入金等特別控除」といいます。

この制度は住宅ローンを利用して住宅を購入した場合に、所得税、住民税などの税金が還付される制度です。

住宅ローン控除制度の適用を受けるにはいくつかの要件がありますが、基本的には所得が3,000万以下であること、10年以上の住宅ローンを組むこと、購入した住宅に自分自身で済むこと・・・などが主な条件になります。

還付される金額は年末のローン残高×1%で、住宅を購入した年によって上限は異なります。

また、まず所得税から引いたあと、引ききれない分は住民税から引くことになりますが、住民税からの控除には限度額があります。

そのため、住宅ローンの額が多い場合は、ローン残高×1%すべてが還付される可能性が少なくなります。

共働きの場合などは、ペアローンを組んだり、連帯債務にすることで夫婦ともに住宅ローン控除を受けることができます。

このようにローンを分けることで、ローン残高×1%が還付される可能性が高くなります。

住宅ローン控除の恩恵を最大限に受けるためには、住宅ローンの借り入れ金額を最大限、所得税+住民税から還付しきれる金額に抑えた上で、10年間は金利が1%を上回らない限りは繰り上げ返済をしないことです。

そして資金を貯めておき、金利が1%を長期的に上回るかまたは10年経過したときに、まとめて繰り上げ返済を行うと、10年間は最大限の還付がされることになります。

住宅ローン控除の申請は、初年度のみ確定申告で行います。

1年目に手続きを済ませておけば、2年目以降は、サラリーマンの方であれば年末調整の時に合わせて行うことができます。