医療費控除

医療費の控除について

1月〜12月までに支払った医療費(病院にかかった費用、薬代等)から保険等で補填される金額の差額が10万円を越えていれば、確定申告をすることで医療費控除を受けることができます。

※ただし、総所得金額が200万円未満の人は、総所得の5%の金額となります。

医療費の合計とは、被保険者本人だけではなく被扶養者も含めた合算で計算をします。

では実際の計算方法を具体的に確認していきましょう。

まず、領収書の添付が必要なので、1年分の領収書を準備します。申告書には、領収書の他に明細書の記載が必要になります。

その時に書きやすいよう、この時点で”人→医療機関”ごとに仕分けをしておくと便利です。

全て揃ったら、支払い金額を合計してみます。この時点で10万円未満の場合は残念ながら、医療費控除の対象外となります。

支払い金額とは、保険対象の診療以外にも、出産にかかった費用(分娩費用、入院費等)、妊婦検診も対象となります。

予防接種や、入院中の備品購入などは対象外となっています。このように細かく決まりがありますので、もし通常の通院以外で病院を利用した方は、

ネット等で調べるか、念のため税務署に問い合わせするといいかと思います。

支払い金額が10万円以上であれば、次のステップに進めます。

保険等で補填された金額を確認します。この金額とは、社会保険から出る”出産一時金”や”高額療養費”等で補助された金額になります。

この二つの金額の差が、10万円以上であれば医療費控除の対象となりますので、確定申告をして所得税の還付をうけましょう。

<PR>安いのに効果大!人気の医療レーザー脱毛はコチラ*口コミあり・・・永久脱毛を考えている方必見のホームページです!