副業 確定申告

副業の確定申告について

サラリーマンが副業をしている場合、確定申告はどのようにすればよいでしょうか?

【確定申告が不要なケース】

考える

副業の収入があるからと言って、全ての人が確定申告をしなければならない。というわけではありません。
副業による所得(給与所得、退職所得以外)が年間20万円以下であれば確定申告の必要はありません。
ポイントは、「所得」ということ。
「所得」とは、その受取った金額ではなく、そこから必要経費を除いた金額になります。
たとえば、オークションによって稼いだ金額が40万円あった場合でも、システム利用料や出品物の購入代金など
その出品に対する経費が25万円だった場合は、所得は15万円となり確定申告の必要はない。と言うことになります。

副業がアルバイトなどをされている方の場合は、”給与所得”になります。
この場合は、所得ではなく”収入”が20万円を超えると確定申告の対象となります。

【会社にばれない方法】
副業禁止の会社は数多くあります。確定申告をすることによって、会社にばれるかも?と不安になりますよね。
会社にばれるのは、住民税の通知書が会社に届くからです。当然副業による所得が上乗せされた金額に対して課税されているため、
住民税の金額が高くなっているので、担当者が気づくケースがほとんどです。
ですので、副業の部分の課税を特別徴収に載せないようにすればいいのです。
※特別徴収・・・住民税を給与からの天引きによって会社が納付する方法

確定申告書をする際、給与所得部分以外の住民税を”普通徴収”で選択すれば、給与所得以外の課税分は自宅に通知書が送られてきて、
自分で納付することが可能です。
※普通徴収・・・住民税を自分で納付する方法

給与所得に関しては、確定申告書で住民税の徴収方法を選択する欄がないので、事前に市役所へ連絡して「副業部分は住民税を普通徴収にしたい」という意思を伝えてください。

このような対策をとることで、会社にはばれないで住民税を納めることができます。

追徴課税の連絡は忘れた頃にやってきます。
必ず金額を確認して、確定申告の漏れがないよう注意しましょう。